「かみさまは小学5年生」という本を読みました。

 

神様は小学3年生 表紙

小学5年生のすみれちゃんは神様や見えない存在と話ができます。

ちょうど今、近所はお祭りで、小学生くらいの子供たちが、獅子かしらを担いで、「元気を出して、ワッショイ、ワッショイ」と回っています。自分も、子供のころ、同じように近所を巡ったことを思い出します。

そんな子供のすみれちゃんが書いた本がこの本です。以前、新聞の広告欄に紹介されていて、気になっていたのですが、読むことができました。

読んでみてびっくりしました。これほど、神様からのメッセージが、ダイレクトに伝わってくる本は初めてです。

本の中で、バシャールについて、すみれちゃんがコメントしています。

「あの人はすごいよ。言っていること、全部が本当のこと。」

「あのおじさんが降ろしているのは、宇宙人の言葉。宇宙人としゃべっている。」

ダリル・アンカは、神様ではなく、宇宙人としゃべっているというところが、興味深いですね。

エササニ星のバシャールという宇宙人のフィルターで見た地球について、ダリル・アンカが語っているというわけです。

すみれちゃんを通して、すみれちゃんの中にいる神様が語りかけます。

「みなさん、こんにちは。わたしは日本の1ばん上のかみ(*)です。今、わたしは、すみれの体の中にいます。すみれの体をつかって書いています。わたしたちはいつもすみれにかんしゃしています。わたしたちのかわりに、いろんな人びとにつたえてくれています。」

私たちは、このすみれちゃんから伝えられる神様のメッセージを、どう受け取ったらよいのでしょうか?

* 日本で一番上の神とは、天御中主之神です。すみれちゃんは、自分が二番目の神様で、神様の中で珍しく女性と言っているので、神産巣日神(かみむすびのかみ)、つまり、神漏美(かむろび)之命が垂迹してきた存在なのかもしれませんね。

※ ほかのブログ記事もご覧いただけると嬉しいです。