あなた方の多くは、それが行われるとは思っていません。彼らは、地球は三次元に住む人々と五次元に住む人々が共存していると考えています。このような考えはありません。

 

Lady_Nada

 

この地球はアセンションします。三次元は最も低い周波数の波動エネルギーが残るだけで、誰もその中で生きる人はいないでしょう。この地球の三次元には、人間も動物も、生きているものは何もいなくなります。地球は五次元の惑星になります。

したがって、この地球上で三次元に残る可能性は、微塵もないのです。さて、そのことを、全ての人類に悟らせ、理解させ、信じさせることは、決して容易なことではありません。

 

と、ナダさんはおっしゃいました。

 

私も、これまで、天使や宇宙の存在から届く、チャネリングのメッセージを注意深くウォッチしてきたのですが、この地球がアセンションした後には、三次元は存在しなくなり、すべてが五次元の存在となるとは、あまり考えたことはありませんでした。

このナダさんの言葉では、三次元に住む人々と五次元に住む人々が共存するような状況は、存在しなくなり、三次元を選択する人たちは、地球以外の三次元の天体、環境に連れていかれることになるようです。

そのため、ガイアは悲しんで、泣くのです。

本日(R4/10/6)、「ナダ – 選択肢はひとつしかありません 2022年9月28日 天使と光のセラピー(Anjos e Luz Terapias)より」をご紹介いたします。

 

【英語の原文】
There is Only One Choice to Make Dear brothers of planet Earth! I AM MASTER NADA!

 

 

ナダ – 選択肢はひとつしかありません 2022年9月28日 天使と光のセラピー(Anjos e Luz Terapias)より

 

私たちは、あなた方と共に、ここにいられることの喜びを、ほとんど口を揃えて、いつも繰り返しています。これは変だと思われるかもしれません。あなた方の多くは、繰り返しがうるさいと思うかもしれません。それでも、私たちがここにいて、話す言葉の一語一語に、伝える一つ一つの教えに、私たちが伝えるエネルギーのほんのわずかでも、私たちのハートの中で起きる喜びを、あなたは少しも知らないの でしょう。


私たちは、釣り合っているものは、何もないということができます。まるで、地球のそれぞれの地点で、何かが変で、危険で、持ち上がり、起こるべきことに怖れを抱かせるかのようです。そのプロセスがシンプルで簡単だとは決して言いませんし、そうはなりません。あなたが学んできたことや、あなたのハートから発信されていること、すべてを見直さなければなりません。愛が最終的に、地球に君臨し始めなければなりません。この愛の感情は、忘れられ、変更され、制限され、条件づけられ、他の多くの形容詞によって特徴づけられています。

今こそ、それぞれの信条、習慣、即興のアイデアを見直すべき時です。あなた方は、何の違いもない、まったく別の世界に向かって歩いているのです。誰もが平等で、すべてのものへの権利を持っています。今日の存在する不平等はなくなるのです。あなた方の多くはこのコンセプトを良く分かっています。しかし、あなた方の多くはまだ認めていません。あなた方の多くは疑っています。これが正義だと言うことが分からないのです。ここで一つひとつの物事の理由を説明しても意味がないのです。私たちは、神の秩序が、地球上に力強く、強烈に到来していることを知っています。父なる/母なる神の子らは、それぞれ、制約も制限も、命令にも従うこともなく、すべてを手に入れる権利を持っています。

それは、無政府状態を作り出すことでは決してありません。一人ひとりが求めるものになれる自由な世界を作ることです。そこでは、一つの選択が、あなた自身の道に反映されることを、人々が理解しているのです。他の兄弟の関係者もまた、彼らのコースに感銘を与えるでしょう。そこから逃れることはできないのです。この変化を、穏やかに、平和的に求めることはできないのです。あなた方は、自然や自分の体に対して全く有害な習慣に慣れていました。

今日、あなた方の多くは、こうした習慣、あるいは悪癖とでも言うべきものを取り除くことは、容易ではありません。容易ではないし、これからも、容易ではないでしょう。この世界に対する心の不信感はさておき、これらの習慣や悪癖との関わりは、とても深く、心と体からすべてをきれいにするには、途方もない精神的な後退が必要でしょう。しかも、それは容易なことではなく、むしろ苦痛を伴うプロセスでしよう。私たちがいつもここで「麦と籾殻(もみがら)の分離が起こるでしょう。」と言うのは、多くの人がわざわざ変わろうとしないので、実際にそうなるからです。多くの人は変わろうとしないのです。彼らは、今のままでいることを求めます。それが幸せをもたらすからです。幸せであるのか、さもなければ、自分の問題や弱さを直視しないためのマスクであるか。

あなた方はすべて尊重されます。誰も何かを強制されることはありません。すべての人々は、どちらかの側に行くという選択肢を持っています。中間はありません。塀がないのですから、塀の上に留まる方法はありません。2つの方向があります。1つはアセンションと進化につながる方向、もう1つは三次元に留まる方向ですが、その場合、この地球にはいません。後者の道を選んだ人は、それぞれ地球から連れ出され、別のオーブで三次元に住み、旅の学びを続けることができます。

あなた方の多くは、それが行われるとは思っていません。彼らは、地球は三次元に住む人々と五次元に住む人々が共存していると考えています。このような考えはありません。この地球はアセンションします。三次元は最も低い周波数の波動エネルギーが残るだけで、誰もその中で生きる人はいないでしょう。この地球の三次元には、人間も動物も、生きているものは何もいなくなります。地球は五次元の惑星になります。

したがって、この地球上で三次元に残る可能性は、微塵もないのです。さて、そのことを、全ての人類に悟らせ、理解させ、信じさせることは、決して容易なことではありません。長い間、ゆっくりと時間を掛けて、細心の注意を払って、この仕事は続けてこられました。最初は、比較的遅いスピードで始まりました。しかし、現在、この地球に届いている光は変化させる力があり、あなたを塀に押し付けている光であるため、今日、それは例外的に高速なのです。それは、あなたを塀に押しつけるような光であり、それから逃れるすべはないのです。

さて、この’光’は、まさにありのままで、誰かに何かを強要することはありません。まるで、あなたを塀に押し付けて、問いかけてくるかのようです。どの道を歩みたいのですか?あなたは答えを持っていなければならないのです。 “わかりません “は、ダメなのです。しばらくの間は、私たちはあなたが “わからない “と答えることを受け入れます。そして、私たちはあなたがすべてを知ることができるようにして、一方か他方か、あなたを待ちます。それでも、光は再びあなたを塀に押し当て、あなたはどの道を進みたいのですか?と問いかける時が来ます。そして、あなたは選択を迫られ、その選択によって異なる道を歩むことになるのです。

兄弟たちよ、この地球で起こっていること、あるいは起こるであろうことを疑わないでください。私たちは、無駄に厳しい仕事をしているわけではありません。私達のハートは、愛に溢れています。愛はこの地球に、その住人毎に、そのたび毎に発せられています。-あなた方ものか、私たちのものかは、関係ありません。なぜならば、私たちは悲しみを求めることはしないからです。あなた方を待つ、この五次元の世界へ行くこと、この道を歩むことのアドバンテージ、その先に待っている世界を、私たちは、疑いなく、明らかに提示したいのです。しかし、それでも、多くの方々が求めないことを、私たちは知っています。ワクワクする体験もなく、退屈で単調な世界だと、彼らは思うでしょう。

五次元に住むということが、どういうことなのか、空虚な概念の中では、各自がそのように受け止めるかもしれません。しかし、あなたは、愛だけの心で生きて、光を必要とする人たちに、光をもたらすことが、どのようなことなのか知らないのです。それは終わりのない仕事であり、 私たちは、大きな楽しみと喜びを、ハートに抱いて、愛を遂行します。比較的高次元から進化してきた存在であることは、そのアドバンテージがあります。私たちが考えるのは’全体’と’宇宙’の幸福だけなので、決して苦しんだり、怒ったり、争うことはありません。そして、誰かが宇宙の幸福を考えるとき、それは直ちに、私たち一人ひとりに反響して鳴り響くのです。その’愛’と’達成感’は、私たちの胸を、ますます光で満たしてくれます。これは単調な人生でしょうか?全く違います。

私たちはこの地球だけで活動しているわけではありません。私たちは宇宙の多くの天体で働いています。現在、地球は進化とアセンションの段階にあり、この地球は大きな注目を集めていると言えるかもしれません。ですから、すべての人々がここでガイアに協力し、彼女がアセンションするために、すべてのサポート、エネルギー、強さ、そして光を彼女に与えているのです。その結果、このエネルギーと光はすべて、ガイアの住民たちに引き継がれているのです。ガイアは、子供が、自分と同じ光の道を選ぶことを感じると喜びます。そして、その子供が自分と共に五次元への道を辿るように、支えて、力づけて、理解して、そして、励まして、その子を守り、抱きしめるようになります。

ガイアは五次元に来ない、他の人々のために涙を流し、多くの子供たちを失うことになり、悲しみに暮れています。確かに、ガイアは三次元に残ることを選択する、多くの子供たちを失うでしょう。しかし、彼らは、この地球に留まることはありません。だから、ガイアは泣くのです。ガイアはこれらの子供たちのために涙を流しますが、ガイアはまた、彼らの選択と道は、各自の魂の進化の一部であることを理解しています。何も強制されるものでもなければ、計画されるものでもありません。それは、その魂の選択なのです。その選択は、それぞれの魂のハイヤーセルフに任されています。ハイヤーセルフは、その魂がどの段階にあるのかを知っています。三次元に進化する準備ができているのか、それとも三次元にとどまっているのか。

このように、兄弟たちよ、今日、あなたはどのような選択をしていますか?今日、あなたはどのような道を選んでいますか?多くのことに、完璧を目指さないようにしましょう。現時点では、それは私たちが求めることではありません。あなた方が、もっと、もっと、もっとバランスをとっていけば、すべてが整っていくでしょう。あなたはただ選択するだけよいのですが、それがどのような選択かです。ガイアや私たちと共に前進して、すでにその選択をしているすべての人たちと手をつなぐのか、あるいは、あなたの興味があって、良いもので、あなたが手放したくないと思っている、この多くの快楽の世界に留まるか、なのです。

あなたは、どのような選択をしていますか?今日、誰もが塀にぶつかっていると言えます。光はすでに、塀に突き当たっています。あなたはどのような選択をしていますか?あなた方の多くは、自分が試されて、観察されていることに気付いていません。そして、その選択がなされなければならない時が、やってくるのです。その後は、誰も残りません。私たちは最後の最後まで、問い続けるでしょう。あなたの選択は何ですか?そうすることで、ほとんどの魂を奪って、彼らの考えを変えさせることができます。 そうはいっても、強引に行ったり、彼らを操り人形のように扱うことはありません。 しかし、もし彼らがガイアとアセンションすることを選んだら、彼らが辿るかもしれない道を示して続けているのです。

しかし、これは私たちの仕事であって、あなた方の仕事ではありません。ここで私たちが言うように、あなた方は、それぞれが、自分のことは自分でやらなければなりません。誰かを教化することは、誰の仕事でもありません。誰も強制されるべきではありません。誰も、誰かに説明しようとすべきではありません。なぜなら、それは心の内側から来るものだからです。この決断は、魂から、オーバーセルフから、それぞれの子供の旅路に従ってなされなければなりません。ですから、あなた方一人ひとりが自分の道を大切にし、他の人々の道のことは忘れてください。そうはいっても、あなたの子供たちの面倒は見てあげてください。彼らはあなたを頼りにしていますが、彼らのほとんどは、すでに自分が、確実に五次元に行くことを知っています。そして、だから、それに向かって歩いていくことで、自分の親が共に歩いてくれることに、頼ることはありません。

彼らは、全員その感情を持っています。ただ、それをどう言っていいかわからないだけです。でも、あなたの子どもたちのことを、大切にしてあげてください。それで、もう一回繰り返しますが、親が行く行かないにかかわらず、彼らのほとんどすべては、もう五次元にいるんです。ワクワクするような話ではないかもしれませんが、今この地球に生まれてくる子どもたちは、ひとりひとりが使命を持っています。彼らは地球の地表の光の点であり、彼らはそれを知っています。そして適切なタイミングで、彼らはここに来て、果たすべき使命を思い出し始めるでしょう。彼らは肉体としての子供であって、魂やマインドとしての子供ではありません。彼らの魂は、特別に進化しており、適切な瞬間に、ここで果たすべき使命を思い出し始めるでしょう。彼らは、どんな状況でも、親に頼りません。自分が選んでここに生まれてきたのです。彼らはそれを知っています。そして、多くの愛を持って、ミッションを達成します。彼らの中にあるのは、無条件の愛だけです。

ですから、子供たちの面倒は見てあげても、心配しないでください。彼らは何をすべきかを知っていますから。このように、それぞれが自分の道を見つめて、唯一の選択をすることができますように。中間地点はありません。選択肢は、アセンションするか、三次元に留まるかです。他には、選択肢がないのです。

 

以上、です。   (翻訳: 黒川裕司)

 

この決断は、魂から、オーバーセルフから、それぞれの子供の旅路に従ってなされなければなりません。ですから、あなた方一人ひとりが自分の道を大切にし、他の人々の道のことは忘れてください。そうはいっても、あなたの子供たちの面倒は見てあげてください。彼らはあなたを頼りにしていますが、彼らのほとんどは、すでに自分が、確実に五次元に行くことを知っています。そして、だから、それに向かって歩いていくことで、自分の親が共に歩いてくれることに、頼ることはありません。

 

と、ナダさんはおっしゃいました。

 

個人が、三次元に残る道を選択するか、あるいは、五次元への道を選択するかは、あくまで個々の魂の選択に、掛かっています。

しかし、現在の子供たちは、大人である親に、生活の面倒を見てもらっています。

現在の子供たちは、自分の使命を持って、この地球に生まれてきました。

そして、彼らは、もう既に、五次元に存在しているのです。

ですから、親として、彼らの身の回りの世話をしてあげる必要がありますが、彼らが五次元に行けるかどうかについては、全く心配する必要はないのです。   (黒川 記)