物置の中から、「あやこバシャール」のラベルがついた、古いテープを見つけました。「あやこバシャール」と言っても、ご存知の方は少ないかもしれません。そのころは、「あやこバシャール」と、「ダリルバシャール」の2本立てでした。勿論、「ダリルバシャール」のテープも見つかりました。
南富良野の星空
一番古いテープには、89.4.12 ダリアンカワークショップ(思い出す)というのがあります。
 
あやこバシャールで、自分の持っている一番古いテープは、あやこバシャールワークショップ5(実現化)8/9(’89)のテープです。
 
「あやこバシャール」も、「ダリルバシャール」も、そのころ、何度も何度も、繰り返し、テープを聞きました。本当に、懐かしいです。
 
あやこさんのワークショップにも、一度、参加させていただいた記憶があります。
 
今、テープを聞き替えしても、少しも古さを感じません。今年(2018年)行ったワークショップと言っても、十分通用するといって、いいくらいです。
バシャールのユーモアは、何回聞いても、ついつい笑ってしまいます。
 
これらのテープは、日本におけるバシャールの草分けといってもいいと思います。
ここに、あやこバシャールワークショップ5(実現化)8/9 のテープの内容を、少しご紹介させてください。
 
あやこさんはチャネリングに入る前に、冒頭で、今回のテーマなどについて、前置きをしています。
 
(あやこさん)
「リアリティ、実現化です。バシャールの情報ですけれども、今年(1989年)になっていろんなエネルギーが、スピードを増して、毎月毎月それぞれに違うエネルギーがサポートにやってきているみたいです。そして、皆さんが意識的にも、無意識的にもそれを受け取って、確実に変化をしていっているということを言われています。実現化というのは、ふだん夢みたいな話と思うようなものが、この3次元の現実の世界に起こせていくような波動を、自分の中を通して、使えるようになて行くような、まあ一つの磁力的なエネルギーをだすようなそういうワークショップです。...
ワークショップの間に、瞑想誘導をやると思います。その時に、イメージがいろいろ出てきます。バシャールが誘導するイメージでなくても、出てきた映像は、一番その時自分が、その誘導されたことに正確についていっているイメージだというふうに信頼してください。
その人のペースで、その人の波動で出てきます。バシャールはあくまでも、誘導に使う言葉とかいうのは、皆さんたちの一つのバランス、そしてエネルギーを出すサポートのためにやります。そして、いずれにしても、エネルギーでサポートが来ます。...
一番いいことが起きていると信頼してください。皆さんたちの中に、自分の中に、ホントは全ての情報があって、これが真実であるか、そうでないかっていうことを、チェックできるそういう波動をお持ちです、ですから、確実にまず間違いなく、100%起こることは、誘導されたことと相違ないことが起きます。...
その情報はあくまでも、私たち一人一人が、中に既に持っている、バランスの取れたエネルギー、もう完全であるという、バランスの取れたエネルギーを思い出すというサポートをしてくれるだけです。皆さんの中に新しく出てくるエネルギーや、いろんな体験は、皆さんの中から思い出すという形で出てきているもので、既にあったものが、眠っていたものが、産声を上げてくるような体験です。そして、その人その人のペースは、皆さんが一番わかっています。起きることは一番いいペースで、時と場所と時間が、パーフェクトに起きると思ってください。情報は、すべて情報です。使うか使わないかは、皆さんたちの選択です。どんな情報も、自分で惹かれたり、自分にとってそれが真実で、使ってみたいと思う方は、使ってください。これは、使う必要はないんです。使いたいときに使う。そのための情報です。使わなければならない情報ではないんです。皆さんたちをまず信頼してください。情報をチェックして、使うようにしてください。...
もし質問をと言われたときは、このワークショップで感じたたこと、起きたことの質問をしてください。ここに、フォーカスしてください。1分前の自分ではなく、今にフォーカスしてください。では、始めます。楽しんでください。」(ここまでは、あやこさん)
 
(バシャール)
「All right. こんばんは。(【参加者】こんばんは。) えー、生きているようだね。君たちの作り出しているこの時間を楽しんでいるかね。ワクワクするね。今日は、我々もワクワクして、君たちとの時間、交流を楽しみにしていた、非常にパワフルな日だ。なぜなら、元々持っていた君たちの創造に使っているエネルギーを、フォーカスして、そして自分のクリエイティブなものを意識的にこの三次元に降ろそうというわけだ。つまり、夢のような現実を、この3次元の物理次元に、起こそうという波動の日だ。え、君たちは今、本当は眠ってしまっているんだね。夢というのは、君たちが寝ているときに、見ていると思っているが、夢よりももっと深く眠っているのがこの物理次元の君たちだ。