親愛なる皆さん、自然が目を覚ますとき、私たちは皆さんに、すべての草木や花が成長し、花を咲かせる力強い力に、気づくようにお勧めしています。

 

テロスの最高神官アダマ

 

ご存知のように、すべての草木や花を含む自然の存在たちは、ソース(神、大いなるすべて)と、直接つながっています。

愛と平和の高次元の波動を、静かに保っているこれらの素晴らしい存在に、ソースのエネルギーが直接流れることを、妨げるものは何もないのです。

 

と、テロスの最高神官アダマは、おっしゃいました。

自然の草木や花が成長し、花を咲かせる力強い力があることに、私たちは気づくことが大切です。

草木や花を含む自然の存在は、ソース(神、大いなるすべて)と、直接、つながっています。

愛と平和の高次元の波動を、静かに保つこの素晴らしい存在には、ソースのエネルギーが直接流れることを、妨げるものはありません。

本日(R5/5/22)、「テロスのアダマ:最新のエネルギー情報 2023年4月29日 チャネリング:アサラ・アダムス」をご紹介いたします。

 

【The Telos Channel】

Free Gifts 12 Activations

https://www.facebook.com/theteloschannel/

 

テロスのアダマ:最新のエネルギー情報 2023年5月20日 チャネリング:アサラ・アダムス

 

“こんにちは、最愛の皆さん。

私たちは、今日、ここで皆さんとつながることができ、とても嬉しいです。そして、テロスのハートから、最高の愛を送ります。

 

アメリカ、カリフォルニアのシャスタ山

アメリカ、カリフォルニア州シャスタ山

 

親愛なる皆さん、自然が目を覚ますとき、私たちは皆さんに、すべての草木や花が成長し、花を咲かせる力強い力に、気づくようにお勧めしています。

ご存知のように、すべての草木や花を含む自然の存在たちは、ソース(神、大いなるすべて)と、直接つながっています。

愛と平和の高次元の波動を、静かに保っているこれらの素晴らしい存在に、ソースのエネルギーが直接流れることを、妨げるものは何もないのです。

彼らをよく観察すると、自分たちの存在や生活を、正しいと証明するためのものは、何もないことに気づくはずです。

彼らはいつも与えられていて、住むべきところに住んでいます。

草木や花としての役割を終えたら、ただ枯れて土に戻り、その残骸を栄養として、最新の植物に与えて、助けになります。

何もする必要はありません。

ただ存在するだけです。

あなたが自分の存在を、同じように見ることができるようになったとき、(枯れる部分を除いて、)あなたは人生とアセンションへのカギを、受け取ったことになるのです:

ただ存在するだけです。

ソース/神が、いつもあなたのために与えてくれることを、知ることです。

正しい時に正しい場所にいることを、知ることです。

あなたは植えられた場所で、花を咲かせるのです。

見かけによらず、ソース/神が、あなたの背中を押してくれることを、信頼することです。

雲の向こうには太陽があって、雲は必要な雨をもたらすことを、知ることです。

いつも太陽(神/ソース)の方向を向くことです。

ただ、あるだけ…。

これこそが、あなたの究極の平和です。

これこそが、あなたのアセンションの旅なのです。

自然の中に出て、植物や木々を観察し、もしその気になったら、木を抱きしめて、ただ感じることを、あなたにお勧めします…。

私たちは、あなたが光の中で勝利することを、応援しています!

おかえりなさい!

私たちは、皆さんにたくさんの愛を送ります…

あなたは、新しい地球を誕生させるために、天使の翼によって運ばれています。

あなたは、いつも天使、アセンデッド・マスター、ガイド、光の銀河の家族、そして、テロスの家族や友人たちに囲まれていることを、肝に銘じてください - そしてこれからもそうなります。

親愛なる皆さん、私たちはこの旅を皆さんと共に歩んでおり、皆さんは計り知れないほど愛されています - いつも。

私は、あなたの兄弟、テロスのアダマです。”

 

以上、です。   (翻訳:黒川裕司)

 

ただ、あるだけ…。

これこそが、あなたの究極の平和です。

これこそが、あなたのアセンションの旅なのです。

自然の中に出て、植物や木々を観察し、もしその気になったら、木を抱きしめて、ただ感じることを、あなたにお勧めします…。

 

と、テロスの最高神官アダマは、おっしゃいました。

 

私たちも、自然の草木や木々のように、’ただ存在する’だけです。

‘ただ存在する’だけというのが、私たちの究極の平和です。

それが、私たちのアセンションの旅です。

自然の中に出掛けて、植物や木々を散策して、ふと木を抱きしめて、ただただ感じることを、アダマさんはお勧めしておられます。   (黒川 記)