今朝(2/24)は、とても良い天気で、雪の上で、雪の結晶を見ることが出来ました。
南富良野の雪の結晶

溶けかかって、ちょっとわかり難いけれど、南富良野の雪の結晶

昨日(2/23)は、一日中、雪が降ったり、止んだりしていました。そんなサンタビレッジ中で、静かに過ごしています。
今年の南富良野は、シーソプラチ川が、一度も結氷していないほど、暖冬だそうです。

サンタビレッジの雪景色

雪の中のサンタビレッジ 真ん中がチャペル

サンタビレッジのチャペルの前で

サンタビレッジのチャペルの前で

丁度、中島みゆきの「地上の星」の歌のことを思い出して、この歌の中に出てくる「昴(すばる)」とは、昴座、プレアデス星団のことで、地上の星とは、ライトワーカー、つまり、地上部隊とか、地上勤務員と呼ばれている魂のことじゃないかと、Tさんに話しました。
 
「日本人には、プレアデス星人が多いそうですよ。」と、私が言いいます。
 
すると、Tさんは昔、自分たちで、自己啓発セミナーをやっていた時に、ある友人から、「お前は、シリウス星人だから。」と言われた話をしてくれました。
 
「その友人の方は、何星人だったんですか?」と聞いてみると、Tさんは、次のようにおっしゃいました。
 
「プレアデス星人だったんですよ。彼は、シリウス星人を一段下に見ていたみたいです。」と、教えてくれました。
 
そして、中島みゆきさんの「地上の星」のCDをかけてくれました。
 
「風の中の昴、砂の中の銀河、みんなどこへ行った、見送られることもなく……」
 
私は、この「地上の星」を聞いているうちに、何故か感動して、涙がこぼれそうになりました。
 
(「地上の星」の歌詞)
↓===============================================↓
風の中のすばる
砂の中の銀河
みんな何処へ行った 見送られることもなく
草原のペガサス
街角のビーナス
みんな何処へ行った見守られることもなく
地上にある星を誰も覚えていない
人は空ばかり見てる
つばめよ高い空から教えてよ地上の星を
つばめよ地上の星は今 何処にあるのだろう
崖の上のジュピター
水底のシリウス
みんな何処へ行った見守られることもなく
名立たるものを追って 輝くものを追って
人は氷ばかり掴む
つばめよ高い空から教えてよ地上の星を
つばめよ地上の星は今 何処にあるのだろう
名立たるものを追って 輝くものを追って
人は氷ばかり掴む
風の中のすばる
砂の中の銀河
みんな何処へ行った 見送られることもなく
つばめよ高い空から教えてよ地上の星を
つばめよ地上の星は今 何処にあるのだろう
↑===============================================↑
以上です。
 
歌詞に出てくる星々から、地上の星、即ち、ライトワーカーとして、この地球に送り込まれてきた魂達を、応援して歌っているような気がするという話をしました。
 
プレアデス星(=すばる)、金星(=ビーナス)も、ペガサス星、木星(=ジュピター)も、シリウス星も、惑星(光)の銀河連合の一員だと思います。
 
さしずめ、「『プロジェクト X 』とは、アセンションのことですね。」と、Tさんに言うと、冷静にうなずきます。
 
Tさんは、中島みゆきが大好きだそうです。
 
ということは、彼も、シリウス星というよりは、プレアデス星の出身者かもしれません。
 
そして、昼食を食べに出かけるため、車に乗って、エンジンを掛けたら、カーステレオから、流れてきた曲は、なんと中島みゆきの「地上の星」でした。
 
Tさんいわく、「黒川さん、凄い引き寄せですね。」と。意図的に、「地上の星」をかけたのではなく、偶然、「地上の星」が、かかったのでした。
 
谷村新司さんの「昴」(すばる)という歌も、同じように、アセンションの地上部隊の一員の心情を歌っているように、思います。
それらの歌には、歌詞の意味がよく分からないけれども、不思議に感動する何かがあります。
明らかに、ライトワーカー、地上部隊の一員への応援歌だと思うのです。
惑星(光)の銀河連合の期待を背負って、使命を果たしていきたいものです。