先日(5/4)に、長野県の阿智村にドライブをしてきました。なぜか、引き寄せられるように、浪合パークという施設に行きました。
すると、大きな石を積み上げた「磐座」と思われる場所がありました。
子どもたちが登って、遊んでいました。すぐ横には、小さな祠と鳥居があり、いにしえの昔には、祈りの場であったことが偲ばれます。
浪合地区の磐座

浪合地区の磐座

浪合地区の祠

浪合地区の祠

さて、「十三神 第4回 八柱之大神 その1 国常立之命」のブログの中で、次のように書かせていただきました。これは、松川晃月師に、初めてお会いした時、まず最初に、お教えいただいたことです。
 
松川晃月師 ポートレイト

松川晃月師

「この十三神之祈りとは、そもそも、古神道である。」
「古事記の「天地開闢」(てんちかいびゃく)の冒頭部分の説明が、不思議なほど、ほとんどない理由は、古神道から、神道に変化するところで、何か情報の隠蔽、改ざんが行われたのかもしれません。」
 
今回は、古神道について、考えてみたいと思います。
 
はっきり言えることは、以下の二つの点です。
 
晃月師より、教えていただいた古神道の参拝の仕方は、「三礼四拍手一礼、一礼二拍手一礼」です。
最初の三礼とは、次の意味です。
 
三礼の一礼めは、「天之神々に拝礼」。
二礼めは、「地の神々に拝礼」。
三礼めは、「天地中の神々に拝礼」。
四拍手は、天への祈り手(二拍手)、地への祈り手(二拍手)を供える。
そのあとの一礼は、納めの礼。
次の段の一礼めは、自分の心の中の「神社(かみやしろ)に拝礼」。
二拍手は、祈り手奉献。自分に対する柏手。
最後の一礼は、お礼の一礼。
 
以上のような意味合いになります。
「天地中の神々」の「天地中」の意味は、この地球の神懐(かみふところ、大気圏の存在するすべての神霊(ヒトの魂)、すべて神々を指します。
そのことから、天之御中主とは、全ての神霊、神々の主、最高神という意味になります。
この拝礼には、天之御中主之命への拝礼が、前提となっているのです。
 
一方、伊勢神宮の参拝の仕方は、「二礼二拍手一礼」です。
二礼の一礼めは、「天の神々への拝礼」。
二礼めは、「そこ(神社)にまします神々に拝礼」。
二拍手は、祈り手を奉献する。そこの神様への柏手お供えする。
最後の一礼は、お礼の一礼。
 
ということになります。
二礼二拍手一礼には、天之御中主之命という存在が消されてしまっているといってよいでしょう。
 
四拍手をする神社とは、出雲大社、宇佐八幡などであるそうです。
(注、この拝礼では、「二礼四拍手一礼」という形式であるそうです。)
 
縄文時代に遡る古神道は、天之御中主之命が最高神であることを大前提としていました。
古事記では、伊勢神宮と、関係が深い天照大神についての位置づけ、役割は明確に記載されています。
一方、天之御中主之命の神名のみが残りましたが、その位置づけ、役割は、何も記載されていないです。
つまり、伊勢神道は、古神道の系譜から、外れているといえます。
江戸時代に、平田篤胤という国学者が登場します。
篤胤は、「霊の真柱」という著書の中で、高皇産霊神・神産霊神を、神魯企(かむろぎ)・神魯美命(かむろびのみこと)であるとしています。
そして、天之御中主神、高皇産霊神、神産霊神の三神を中心にそえて、天之御中主之命の役割の重要性を、改めて、再認識する必要があると説きました。
これを、復古神道といいます。
古神道とは、縄文の昔、天之御中主之命を中心にそえた、随神(かんながら)の道のことです。
今、メシアが復活するアセンションの時代となりました。
「天之御中主之命」が、ヤハウェ、アフラ・マズダと、同じく太陽系宇宙の最高神であり、真のメシア(救世主)であるという認識を、改めて持つことが、古神道の復活につながるといえましょう。
古神道の「磐座」は、古墳時代まで続き、それから、今の神社のような「社」に変っていったようです。
この阿智村浪合地区の「磐座」も、小さな祠・社と、セットになっていました。古神道が、新しい神道に、切り替わっていった姿をとどめているようにも、感じられます。
いつか、阿智村浪合地区の「磐座」も、祈りの場として、復活させたいものですね。