本日(R4/10/4)、10月2日に行われました「【第321回ライブ短縮版】①あなたはアセッションしますか!?」を、ご紹介いたします。

 

https://youtu.be/KucG1jGkjzA

 

今回の動画は、アセンションする人は?という、興味深いテーマのお話です。

この中で、石川新一郎さんは、次のように、おっしゃいました。


「私もこれ聞いて、非常に驚きました。
 普通、石川慎一郎ってあまりね。驚かないんです。」


私も、このお話を聞いて、正直なところ、驚きました。

 

【第320回ライブ短縮版】①あなたはアセッションしますか!? 石川新一郎チャンネル

 

(石川新一郎さんのお話)

 

本日も簡潔にですね、進めていきたいこのように思っておりますので、どうかよろしくお願いをいたしたいと思います。
本日はアセンションのお話を中心にですね。
進めさせていただこうとこのように思っております。
どうかよろしく、お願いをいたしたいと思います。

最初に、赤い羽根募金のお話をさせていただきます。
信じないで聞いていただきたいと思います。
日本でも、昨日から、10月1日から、赤い羽根募金やってます。
NHKのアナウンサーや、国会議員なども胸に赤い羽をつけて、便乗しております。
また、この赤い羽根募金と同じように、ユニセフがいつもテレビを使って、難民募金などコマーシャルやっているわけであります。
これについてですね、本日お話をしてまいりたいと思っております。
この方式は、一言でいうならば、あのウクライナ募金というのがありました。
あれと全く同じ方式であり、本当に皆さん、困窮した子どもたちに、このお金は渡ることはないのです。

あのウクライナ募金と、全く同じ方式であります。
本当に、困窮した子供たちに、このお金は渡ることはないのです。

まあ、都内にいらっしゃる、大阪も、同じかもしれませんけども、新宿界隈に行きますと、募金活動されている方、ワンサといらっしゃいます。

このお金は、DSの武器購入とか使われ、あるいは、困窮した子どもたちや、難民に使われることはありません。

皆さん、それだけじゃなくて、逆にですね。
さらにさらに、苦しめるために使われていくのであります。
そうです。
悪の資金源であります。

皆さん、本当にこのことを、知っていましたか。
いろんな募金活動がありますけれども、その募金箱を持ってですね。
若い人達とか、いろんな子供たちとかやってらっしゃいます。
その人たちは、わからないかもしれません。
後でその集まった募金を、集めます。
そして、この募金活動と言いますのは、それに、集まったお金からいろんな経費をですね。
好き放題取っていいんです。
そのような方式になっております。

しかし、これに誘導されている人の多くは、本当に、悲しいことでありますけれども、心の綺麗な人たちであります。
心の綺麗な人たちであります。
純粋無垢な人たちだと思います。

可哀想だな、可哀想だ。
少しでも、私のこの募金でお役に立てるものならといって、募金をしている人が大半であると思っております。
自分の持っているお金100円でも、1000円でもかわいそうだと、少しでもお役に立てるものならといって、自分にいって募金をしているのであります。
そしてまた、皆様の地域にの教会などにも回ってきて、みんなやっているから、良いことなのだろうと、安易に簡単に安易にやっているのではないかと思っているのでいます。
皆さんそこで、気づいてほしいのです。気づいてほしいです。

心の綺麗な人よりも、心の優しい方よりも、判断力のある人が、私は、変態変人万歳の人であると、いいたいのであります。
心が心の綺麗な人よりは、判断力のある人が、変態変人万歳の人であると。

もう一つ、それは心の綺麗な人よりも、判断力のある人がアセンションできる人であり、天国に行ける人であり、病気を克服できる人であり、そして貧困を克服できる人であると、私は申し上げたいのであります。
皆さんはいかがでありましょうか。

判断力がとても大切であります。
つまり、かわいそうな、そして弱者に対して、かわいそうだ、弱者だからといって、同情して真心で貴重なお金を寄付したとしても、逆にその真心が、同情した心が、人々を不幸にするために、使われてしまうという現実を、皆様知ってほしいのであります。
この事実を皆様知っていただきたいのであります。
この手口、これもあのDSが、考えた巧妙な手口の一つであります。

以前、ユニセフ大使を務めていた、アグネス、アグネスチャンがおりました。
現在、67歳です。
テレビニュースを頻繁に出ておりました。
それと徹子の部屋の黒柳徹子さん。
現在、89歳だとお聞きいたしております。
黒柳徹子さんもやってましたよね。
このアグネスも、徹子さんもこのお二人は、おそらく間違いなく、DSということになるのであります。

以上、赤い羽根募金の、信じてはいけないお話を、させていただきました。

それでは、次のお話に、本日入ってまいります。
あなたは、これから選別されます、というお話をさせていただきます。
どうか、信じないでお聞きいただきたいと思います。
今、私たち人類と地球は、アセンション、次元上昇するプロセスに入っています。
ずいぶんと、このアセンションのお話させていただきました。

今地球上の周波数も、この間までは7.83Hz、ナヤミで覚えてくださいと、おそらく今、20Hz以上に、アップしてきております。
地球の周波数、アップしてきております。
最終的に今の周波数の場合、つまり、40Hzまでアップしてくると、いわれております。
多くの人がアセンションしやすい環境を、地球が宇宙が今作ってくれているのであります。

そして、ここで少しショッキングなお話をこれからさせていただきます。
今回のアセンションでありますけれども、地球上の人類が目覚める比率、割合が、すでにスーパーコンピュータによって、弾き出されているというお話であります。

そこで質問です皆さんに、どれくらいの値だと思いでありますか。
このスーパーコンピューターが、弾き出したこの地球上にいらっしゃる、我々人類がどれくらいの割合が、目覚めるかという質問でございます。
それは、私もこれ聞いて、非常に驚きました。
普通、石川慎一郎ってあまりね。驚かないんです。
30%、10%はい、皆さんいい線ですね。

はい、この大阪の食い倒れ太郎、石川慎一郎が驚いた数字ですから、お話しします。
それはまさに、驚くべき数字であったのであります。
それは皆さんなんと、わずか15%といわれています。
いいですか、わずか15%と言われております。
それだけじゃなくて、しかもこの15%が、皆さんMAX、つまり、上限ですと言われているのであります。

15%以上行くことはないと、つまりこのように弾き出されているのであります。
ですから、もしかすると実際は、この15%以下の人数だとも、今のところいわれているのであります。
へぇー、嘘。
日本だって、1億2500万人いてその中の2割とか3割、いくんじゃないのって思ってました。
実は、わずか15%かしかも、15%以上になることはない。
上限として、15%。
えー、嘘だろ、あとの85%、目覚めないのっていうこれ、驚きましたね。
20%いくと思ってました。最低でもね。はい。

そして、皆様、逆に、絶対に目覚めないという、闇の人々は、皆様どれくらいいるのでありましょうか。
目覚める人が15%、絶対に目覚めないという人が、闇の人々はどれくらいいるのでありましょうか。
これも皆さんに、質問でございます。
皆さんどのようにお思いでありましょうか。
実は、絶対目覚めないという人は、15%といわれているのでいます。

目覚める人15%、絶対に目覚めないという人は15%と、いわれているのであります。
例えば、計算してみました。
地球の人口今約80億人と、いわれておりますとすれば、約12億人が15%に当たるわけであります。
つまり、目覚める人は、地球上で12億人、絶対に目覚めないという人は、12億人ということであります。

そして、この皆さんね。
絶対に目覚めない人12億人は、最終的に皆様、どこに行くのでよいでしょうか。
絶対に目覚めないという人は、この12億人は、皆さん最終的にどこに行くのででしょうか?
という質問であります。
これね、最初、お話しします。
はい、様々な説がありますが。
一番厳しいのは、絶対に目覚めないという人たち、最終的にどこに行くか。
魂の進化が遅れた人々は、あのセントラルサンへ連れていかれます。
絶対に目覚めないという人たちは、最終的に、いろんな説があるわけでありますけれども、一番厳しいのは、魂の進化が遅れた人々は、セントラルサンへ連れて行かれます。

そこで、裁判を受けます。
そして、さらにダメな人は、魂の消滅がなされてくると、魂の消滅を受ける、ということなのであります。
おそらく、この処分を受けるのは、今のDSであります。
その数、DSの数は、今12億人と申し上げましたが、その半数つまり、DSの数は6億人とも、いわれているのであります。
6億人ですよ。
そして今12億人に、絶対目覚めないという人が12億いらっしゃる。
そのうちの半分が、DSであろうと、それはセントラルサンに行って、魂の消滅がなされていくであろうと。

じゃあ残った6億人は、どういう人ですかっていうお話、ここでさせていただきます。
それは、残りの約6億人の中には、サイコパスで、サイコパスなどが含まれると、いわれております。
つまり、生まれつき性格異常者や、後天的な異常者になった人々と、いわれております。
そういうそうした性格異常者、後天的な異常者、サイコパスですね。
が、同様に6億人そして、DSが同じ数字6億人と、このように分析がなされているのであります。

もう一度、戻ります。
そして、目覚める人15%、絶対目覚めない人15%。
この絶対、認めない人15%、今2つに分離しました。
その半分は、DSであり、そして、残りの6億人は、性格異常者サイコパスであると。

それでは皆さん、目覚める人15%、絶対に目覚めない人15%、残り70%の人々はどうなるのでありましょうか。
これからそのお話をさせていただきたいと思います。
この7割、70%の人々は、進化するわけでもなく、向上するわけでもないので、はい、再度三次元、今までと同等の三次元の惑星に、連れて行かれるというのであります。
ここまでよろしいでありましょうか。

このように、それぞれ分別されてまいります。
私たち分別ゴミに感じるかもしれませんけど、こんな形で峻別なされていきます。
まもなくです。
その後地球は、その後しばらくして、地球はさらに、次元を上げてまいります。
さらに次元上昇がなされていきます。
その世界には、この地球には、次元上昇された地球には、もはや現在の人類は、存在しないともいわれているのであります。
皆さん、信じないで下さい。

これらの選別が、終了するのは、皆さん果たしていつなのでありましょうか?
目覚める人15%、絶対目覚めない人15%、残りの70%、同じ3次元の世界に行く。
絶対目覚めない人の半分は、DSであろう。
そして、絶対目覚めない人のまた半数は、サイコパスである、性格異常者ということであります。

この峻別は、選別は、いつ終了するのでありましょうか。
皆さん、果たしてこのタイミングはいつなのでありましょうか。
それをこれから、申し上げさせていただきます。

それは聖なる9の年といわれて、なんと皆さん3年後の2025年であるとされているのであります。
2025年にの2と2と5、これ合計すると9です。
これを聖なる9の年といっているのであります。
聖なる9の年それは、2025年であるとされているのであります。
つまり、これから、3年後であります。

皆さんはどのグループに入りますか。
目覚めた人のグループですか。
今日、皆さんライブに来られていらっしゃる方は、すべて、目覚めた人のグループであると、私は確信をいたしております。
それとも、絶対目覚めない人のグループでありましょうか。
それとも、今までと同等の三次元の目覚めないグループなのでありましょうか。
その峻別される、選別されるその時は、刻一刻と近づいています。
さて、あなたはどのようにアセンションしてまいりますか?

以上、あなたは選別されますというお話でありました。

信じないで、聞いていただきたいと思います。

 

以上、石川新一郎さんのお話でした。   (文責: 黒川裕司)

 

目覚める人15%、絶対に目覚めない人15%、残りのどちらでもない人70%の峻別、選別は、なんと、3年後の2025年とされているそうです。

この2025年という、タイミングについても、私はとてもびっくりしました。

これは、厳しいお話ですね。

アセンションするということは、アセンデッドマスターになることですから、厳しいのが当然ということなのでしょう。   (黒川 記)