昨日(5/16)は、お昼の日々の祈りの時刻、正午から、母親の年祀の儀を始めさせていただきました。
前日に、奏上の文面を考えるのですが、この数年の変化の激しさに、驚かされます。
母の作った刺繍作品

亡き母の作った刺繍作品

2015年の夏の日、朝起きたところ、母が私に、「今日は、気分が悪いから、寝ている。」といいました。
 
私は、近くの川のサイクリングロードに、自転車に乗りに、出かけるところで、「まあ、ゆっくりしていたら。」と、答えて家を出ました。
家に戻ると、母の様子が明らかに変でした。言葉のろれつが回らないのです。
 
「あっ、脳梗塞だ。」と、直感しました。
やはり、母は脳梗塞で、大病院に入院することになりました。
 
入院した母は、私の携帯に電話をしてきては、いろいろして欲しいことを頼んできます。
私は、その要求をナースステーションに電話して、伝えるということを、何度か行いました。
 
母親は、お嬢様育ちなので、遠慮をして、「看護師さんが忙しそうにしているので、頼めない。」というのです。「いくら忙しくても、それが仕事なのだから。」と、何回か言った覚えがあります。
 
そうした母を看ていて、61歳であった私は、経営者を引退して、母を介護することを決意しました。
どうして、辞めるのかといってくれた人もおられましたが、知り合いの社長に、会社の事業を譲渡(M&A)しました。
 
それと同時に、松川晃月師に願い出て、黒川家之祈りを、2015年の年末に、創社をさせていただきました。
創社之儀から、ひと月も経たないうちに、晃月師は、2016年1月25日に、神元にお出直しになられました。
 
そして、2017年5月16日に、母は神元に出直していきました。
母の死から、一年経って、2018年6月に、譲渡先の勤務を退職して、完全にリタイアしました。
 
この4年の間は、想定外のことの連続でした。
 
・母の脳梗塞
・会社経営からリタイア
・黒川家之祈りを始める
・母の死
・仕事から完全にリタイア
 
今から4年前、2015年の今頃は、経営者として仕事に没頭していたのが、現在は、お祈りと、ブログを書く毎日です。
お陰様で、現在は、何の不自由もない生活を、おくらせていただいております。お神に、感謝です。

遺影

実は、母が亡くなる1年ほど前、2016年7月12日は、平成二年に亡くなった父親の祥月命日でした。
私は、願い出て、その日に、年祀之儀を執り行わせていただきました。
 
その年祀之儀で、亡き父が、ある方を通して、語ってくれ言葉が、ここにあります。
【亡き父の言葉】
なあ ありがたいなあ
忘れもせんと ようここへ来てくれたなあ
よう 来てくれた
私は あなたの親でした
でも 君の行く道は 細くて険しい
でも いつも木漏れ日がさしている道を行っているということを おぼえて行きなさいや
その道は必ず上を向いていっているから
険しい 苦しい 嫌だ と思っても
必ずその道を行くんです
その道を行けば 僕が待っている
間違わずに道を選べてよかったなぁ
なぁ
いろいろいろいろいっぱいあっただろうけれど
この道を選んだから
必ず 必ず最後に見えてくるものがあるのだから
もう間違えてはいけない
よおくここに来て 祈ってくれたなぁ ありがとう
(私)今はどんなところにおられますか?
僕も道を上がっている途中だ
でも この道に乗れたのは
裕司(私)のお陰だと思っている
この道は誰もがすぐには見つけられない
(私)今は神様を目標に歩まれているんですか?
そうだよ 今は気持ちが 裕司と同じように
前を向いて行こうとしているんだ
君が間違えなければ 私も間違わない
これだけはお願いする
(私)はい では自分も心してこの道を 淡々段々と進んで行きますので 
   お父さんと一緒に行きましょう
うん お願いする お願いするぞ
ありがとう 今日は本当にありがとう
(私)今は明るいですか?
必ず日がさしている
(私)お父さんも 僕を見守って頂ければと思います
うん一緒にいこう
(私)一緒に頑張りましょう
うん お願いする
この言葉を聞いた3年前(2016年7月)、正直なところ、よく意味が分からないところがありました。
ただ、道を誤ってはいけないということだけ、肝に銘じました。
そして、この4年間、自分が道を間違えないように、つまり、篩(ふるい)に掛かって落ちないように、心して歩んできました。
この4年間は、何度も、苦しい選択を迫られる局面に、直面しました。
日々の祈り、月の黒川家之御祭り、父と母の年祀之儀と、祈り続ける暮しは、確かに、険しい、苦しい、嫌になる道のりであったかもしれません。
しかし、この道を最後まで、やりきることが、自分を救う道であり、晃月師のご恩に報いる道だと思い、ここまでやってきました。
日々、祈ることによって、見えてくるものがあります。
祈っていなければ、とっくに道を外れていたかもしれません。
しかし、まだまだ、道は続きます。これからも、神を目指して、あの世の両親と共に、一歩一歩、歩んで行こうと思います。