先月(2020年9月)、集中内観研修に、入っていた時、ある方から、高橋信次先生が遺された「新・復活」について、お問い合わせページから、次のようなお礼をいただきました。
高橋信次先生の「新・復活」の原稿

高橋信次先生の「新・復活」の原稿

とても素晴らしい内容なので、引用をさせていただきます。

新復活、文章お越しに心から感謝します。
どのような内容なんだろうと想像しておりました。
初めて高橋信次先生のご著書を読み、人間釈迦を全巻読み終えた後の心の爽快さを忘れることはできません。先生のご著書を全て読み終えた後にインドへ旅行も行きました。
生きてる信次先生に会えないと分かった時はとても残念でした。
正法には本当に縁があったことを感謝せねばなりません。
そして、決して忘れることもなかったのが幸いしています。
正法の組織にうんざりして、今は組織に属さず一人です。
〇〇先生のところにもいましたが、□□さんがおかしな言動をしてるとか聞いて、色々と疑心暗鬼になりました。
今、一人でありのままの自分でいることがとても楽になりました。
正法病だったのでしょうか…今は心がすこしばかり軽くなりました。
でも、法を求める心はずっとあります。
心行を枕元に置いて、また、バッグの中にも忍ばせています。
心が落ち着いた時は心行をあげたりもしています。
新復活、何度も読み直そうと思います。
有難うございました。
 
この方は、のハッピーネットの「新・復活」のブログを発見されたのでしょう。
 
この「新・復活」の遺稿は、おそらく、どこにも公開されていないでしょう。
 
この方は、信次先生が昇天された後に、先生のご本に出会われたため、先生とお会い出来なかったことを、とても残念がっておられます。
 
昇天された後、の状況は、非常に心痛むものだったようです。
かえって、その分裂騒動に、遭遇されなかったことの方が、幸せであったかもしれません。
 
私も、今でも、心行・祈願文を、夜眠る前に、朗読しています。
メールでお返事をしたのですが、迷惑メールに分類される等で、返信メールが届かないことを考えて、お手紙を差し上げることにしました。
〇〇 さま
初めまして、ハッピーネットの黒川裕司と申します。
ブログをお読みくださり、ありがとうございます。
お返事が遅れましたこと、お詫びいたします。
信次先生の「新・復活」について、私も長年、待ち望んできました。
すっかり、諦めて忘れていたころ、昨年(2019年)、GLA関西本部のガラスケースに、展示されているのを見つけました。
何だろうと思って良く見ると、手書きの文字で「新・復活」とありました。
夢のようで、信じられませんでした。
信次先生が導いてくださったのだと、思います。
今、GLA総合本部、GLA関西本部など、信次先生のお弟子の関係者の間では、 残念なことに、「新・復活」が話題になることはありません。
意を決して、文字に起こし、ブログとして公開しました。
ブログによく書くのですが、これからますます世界は混迷を極めていきます。
しかし、その先には、明るい未来が待っています。もうそこまで、来ているようです。
新しい地球では、信次先生に再会できるのかもしれません。私は、20歳のころ、お会いしました。
何かのご縁ですので、これからもブログをお読みくださって、ご意見等いただけましたら幸いです。
ありがとうございました。
黒川 裕司
PS. 実は、ブログに公開した部分以外に、後編があります。あまりに内容が暗いので、公開を見送りました。李様には、お渡しいたします。(内緒にしてください。)
天使ルシエルは、天上界に昇ったともいわれております。あまり深刻に、受け取らないでください。
最後に、ブログでは、未公開の部分があることを追伸して、その内容も同封してお送りいたしました。
「新・復活」の「高橋信次先生の『新・復活』その1 西伊豆旅行」を公開した今年(2020年)の3月の頃は、残りは公開しないと決めていました。
しかし、このようなお問い合わせをいただいたことで、「サタン・ルシュエル 姿を現す」と題された続編も、公開する時期が来ているのかなと感じました。